SBCメディカルコンサルティングは、開業をお考えの先生のサポートを専門に行う「開業のプロフェッショナル」です。またSBCメディカルコンサルティングでは開業することだけを目的としていません。今後開業される先生にとってはあくまでもスタートであり、本当に重要なのは開業後の運営です。SBCメディカルコンサルティングでは、開業後スムーズに運営が行えるよう支援し、開業後の運営支援もお手伝い致します。

介護予防とは

介護予防

今回は『介護予防』について改めて考えたいと思います。

介護予防とは、高齢者が要介護状態になることを防ぐことや、
要介護状態の方の改善を図ることです。

高齢化が進み、介護を必要とする方々が増えています。
特に、軽度の要介護状態に区分される方が増えています。
この軽度に区分される方々とは要支援1または2に区分され
「要介護状態までにはいかないものの、
家事や身の回りの支援などの日常生活に支援を必要となる状態」をいいます。

さらに、この要支援1または2の方々が要介護状態になる原因としては、
・高齢による衰弱
・関節疾患
・骨折・転落
この3つが過半数を占めています。(厚生労働省 介護保険事業報告書他)

筋肉の衰えや体の機能が低下することで、体を動かさない状態が続き、
心身の機能が低下して動けなくなることを「廃用症候群」といいます。
この廃用症候群にならないために、最も大切なことは体を動かすことです。
そして、予防介護というものを知って頂くことです。

市町村では、高齢者の方々を対象とした講演会の開催や
ボランティア等の人財の育成など、住民の方に介護予防を知って頂くために
様々な取り組みを行っています。

なかには、実際に体の機能が弱っている方に対しての
機能回復を目的とする事業を提供している市町村も存在します。
この介護予防事業に柔道整復師が参加し、
現場で活躍されている方もいらっしゃいます。

このような、市町村が提供している介護予防の場に参加していただくことで、
より柔道整復師の仕事を理解してもらい、
地域の方々の健康な暮らしに役立てていただけるような
仕組みができればよいのではないかと日々思います。

医業課 前田


介護予防についてご質問がございましたら、
お気軽にお問合せくださいませ。

contact.png

新着医療物件情報

一覧を表示

経営革新等支援機関

認定証

税理士法人SBCパートナーズは『経営革新等支援機関』に認定されています。

開業前から開業後まで、医院を開業する為に必要なサポートをSBCが責任を持って提供します。